悩んだときは見てもらおう!

何かに悩んだときは占い師に見てもらいましょう。あなたのお悩み解決! - 四柱推命とはどうやって占うの?

四柱推命とはどうやって占うの?

雑誌の占いコーナーでもよく見かける四柱推命。日本でメジャーで親しまれている占術のひとつです。ではこの四柱推命とはいったいどんな占いなのでしょうか。
四柱推命とは古代中国で生まれた運命学の一つです。これは「過去、現在、未来」を予見する事が出来ると言われています。陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)という「陰陽」という2つの極と、「木火土金水」という「五行」の二つ関係を分析・観察しながら運命をひもといていきます。
まず陰陽とは、自然界のあらゆるものは「陰」と「陽」に分けられるとする考え方です。天と地や太陽と月など、全く反対の性質を持っているものは互いに補い合って成立しているという考え方です。
五行説とは自然界のすべてのものは「木火土金水」の5つの要素からなるという考え方です。この5つの要素は互いに影響しあいその盛衰・消長によってこの世はバランスが取れて循環・発展していくとされています。
そして占いの方法ですが、まずは生まれた生年月日、時間を占い師に伝えます。そしてその人を支配している星がどんな星なのかをみていきます。宿命や運命、運気の流れなどもこの陰陽五行説と照らし合わせながら読み解いていくのです。
東洋占術の中でも信頼性が非常に高く、「占いの帝王」と呼ばれているほどです。多くの中国古代皇帝は国の政治の方向性を決める時に、使用していたという記録が残っています。日本へは江戸時代の中期に伝えられ、広く民衆に広がりました。

関連する記事

Copyright(C)2015 悩んだときは見てもらおう! All Rights Reserved.