悩んだときは見てもらおう!

何かに悩んだときは占い師に見てもらいましょう。あなたのお悩み解決! - 西洋占星術はいつ始まったのか

西洋占星術はいつ始まったのか

占いには色々ありますが、日本で良くみかけるのが西洋占星術ですよね。
ホロスコープを使った占いは、占いの館だけでなく雑誌やテレビなどでも頻繁に目にします。
この西洋占星術ですが、一体いつ頃始まったものなのでしょうか?
身近な占いとはいえ、よく知らない事が沢山ありますよね。
そこで今回は、西洋占星術の起源について少しご紹介したいと思います。
●西洋占星術の基礎は古代バビロニア
紀元前2000年頃のメソポタミアの地域、古代バビロニアの時代に西洋占星術の起源があると言われています。
空に光る星々が神様の意志を反映していると考えて、占いの基礎が作られたのです。
そして天体を観測する事で、国家のまつりごとや王族の未来を占うようになりました。
このバビロニアで生まれた占術がやがてギリシアに伝わり、国家や王族だけでなく個人の未来も占うようになるのです。
そして、今でいうホロスコープが生まれました。
●重用される占い師
占星術を使う占い師は、国家や王族によって大変重用されたようです。
しかしその反面、占いの結果次第では追放される事もあったそうです。
指導者の決定や国家の一大事など重要な占いが多かったでしょうから、ただ占いの結果を正直に伝えるのではなく時勢を読む必要もあったのかもしれませんね。
西洋占星術は7世紀頃に一度衰退してしまうのですが、14世紀のルネサンスの時代に再度復興します。
そして現在に至るまで人気を博しているのですから、やはり占星術には人々を惹き付ける魅力があるのでしょうね。

関連する記事

  ← 前の記事:
  
:次の記事 →
Copyright(C)2015 悩んだときは見てもらおう! All Rights Reserved.