悩んだときは見てもらおう!

何かに悩んだときは占い師に見てもらいましょう。あなたのお悩み解決! - タロット占いとはどうやって占うの?

新着情報

●2015/04/03
タロット占いとはどうやって占うの?の情報を更新しました。
●2015/04/03
西洋占星術はいつ始まったのかの情報を更新しました。
●2015/03/10
東洋と西洋の占いの違いとはの情報を更新しました。
●2015/03/10
四柱推命とはどうやって占うの?の情報を更新しました。
●2015/03/10
占い師に相談する時の注意点って何?の情報を更新しました。

タロット占いとはどうやって占うの?

誰でも一度は見たり聞いたことがあるタロット占い。トランプの様なカードを使うのは知っているけど・・・。という方の為にタロット占いについて説明します。
今日、占いに用いられている標準的なタロットカードの枚数は全部で78枚です。またそのカードは22枚の「大アルカナ」56枚の「小アルカナ」に分かれています。タロットの占い師は、カードをシャッフルして、無作為に選ばれたカードから相談者の質問の答えを導き出します。
では日本でもメジャーなタロット占いの起源はいったいどのようなものなのでしょうか。現存する最古のタロットカードは15世紀前半のイタリアで制作されたものです。この時代ではまだ占いとして使わずにゲームの為のツールとして使われていました。その後、本格的にタロット占いが広まって行ったのは、19世紀になってからです。当時のフランスで広まったオカルティズムや秘教主義と結びつき次第にタロット占いは神秘性を強めていきます。
iojys
その後現代のようにタロットカードが一般的になったのは、1970年代から始まった「ニューエイジ」と呼ばれる世界的なスピリチュアルムーブメントの中で若者に支持された事によります。
日本では1930年ころにタロットカードがもたされたそうです。しかしこの時タロット占いは一部人が知るという程度でした。しかし東京オリンピック開催後、西洋の文化に興味を持つ人が増え、70年代頃からその特徴的な絵柄に魅了される人が増えタロット占いは人気が出るようになりました。
タロット占いは占い師によって手順が若干異なります。この重要となる占い師は口コミで選びましょう。それぞれのカードに対する解釈が違ったり、自己流の方法でお占う人がいるためです。ここでは一般的に広く行われている一番シンプルで基本的な手順を紹介します。
?小アルカナと呼ばれるカードのグループから質問者を象徴するカードを選びます。例えば成人男性ならキング、青年ならナイト、また成人女性はクイーンが選ばれ、少女はペイジというカードを選びます。また年齢だけではなく、直接的な質問者のイメージから選ぶこともあります。ワイルドなタイプならバトン、インテリっぽい雰囲気ならソードなど。

?この質問者のシンボルカードが決まったら、それ以外のカードを占いたいことを強く念じながらよくシャッフルしていきます。この時カードの背をテーブルの上にし、絵柄見えない様に混ぜるプールというシャッフル方法がよく使われます。混ぜ終わったら、カードを裏のままひとつの山に整えます。そしてそのカードの山を横向きに三等分に分けて、その後またひとつの山に整えます。
その整えられた束からカードを引き、テーブル上にレイアウトしていきます。日本ではケルティック・クロスというレイアウトがよく用いられます。そしてそれぞれのポジションに表題を与え、そこに置かれたカードの意味を読み解いていきます。
順番にカード開けて読み解いていくとき、ポジションの意味とカードの意味を合わせて解釈を導き出したり、カードの絵柄や上下関係から答えを出すこともあります。

Copyright(C)2015 悩んだときは見てもらおう! All Rights Reserved.